☆感謝☆

コールセンターアルバイト体験談1(応募~面接)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「よし!コールセンターでバイトしよう!」

そう思ったのが2017年の2月頃でした。

はじめてのコールセンターということで、経験もない私が果たして採用されるのか?

この不安も大きかったですが、とりあえずアルバイト情報誌を片っ端から調べて、目につく企業にどんどん応募していきました。

すると、すぐにレスポンスが返ってきた企業がありました。

トゥルル―トゥルル―♪

まさかこんなにも早く電話がかかってくるとは思わなかったので、びっくり仰天!

おまけに、その時は図書館にいた(笑)

 

テンパった私は、とりあえず人目もはばからず猛ダッシュで外に出て電話に出る。


「はい、俺です。」

相手
「◯◯と申します。この度は、ご応募いただきまして、ありがとうございます。早速ですが、面接のご案内を致します。場所は~。持ち物は、~。時間は~時からです。」

こんな感じの説明を受け、翌日面接を受けることになりました。

(こんなに早く反応が来るなんて・・。よっぽど人手が足りないのかな。)

こんなことを思いました。

 

そして、次の日。
待ち合わせ場所は、マクドナルドの前(笑)

まあ、そんな程度の企業か・・

と思いながら、待っていました。

すると、20代後半くらいの男性がやってきました。

しかも、30分くらい遅れて(笑)

 
その後、車に連れて行かれて、車内で面接することに(爆笑)

少し話してみると、どうやら派遣会社の社員のようです。

履歴書を見せて、今までの経歴などを聞かれ、帰ってきた返事は、

「たぶん、採用になると思いますので。最近、1人抜けちゃったんですよねー。近いうちに連絡します。」

こんな感じでした。

ちなみに、一応テレフォン・オペレーターの適性検査もあるかもしれないと思い、事前に軽くリサーチはしていたのですが、そういった部類のテストも一切ありませんでした。

ちなみに、時給は1,000円。
交通費は支給なし。

この条件だから、こんな簡単に採用宣言されるのかな~。。
(ちなみに、テレオペのアルバイトは高時給として知られていますよね。高いところだと1500円以上、平均時給も、1000円以上はあるのではないかと思われます。)

こんなことを思いながら、まだ見ぬコールセンターという未知の世界に対して、その時の私はワクワク感さえ抱いていたのです。

つづく・・

*関連記事
📎テレオペレーターの仕事が辛過ぎる?20代・大卒コミュ障が体験したリアルな職場体験エピソードまとめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。

最近の投稿