☆感謝☆YouTube登録者数3,000人ありがとうございます!ブログの中身はもっとおもしろいですww

中軽症・脱ステアトピーのデュピクセント治療!初回の流れや感想・紹介状・高すぎる検査代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「よし、アトピーの治療でデュピクセント注射を受けよう!」

そう思ったのが2020年、今年の夏頃でした。

デュピクセントとは、アトピー性皮膚炎の新薬で、
2019年から全国の病院で使用可能になっている薬のこと。

別名、デュピルマブと言ったりもします。


知ったきっかけは、Twitterです。

アトピー専用のアカウントを取得し、
そこでアトピーで悩んでいる人たちがデュピクセントで改善している事例が多かったのです。

中には写真をあげてる人もいたのですが、

・夏でも半袖を着れるようになった
・今まで海に入れなかったのに入れるようになった
・黒い服が着れなかった人が着れるようになった(フケがでなくなった)
・どんどんキレイになっていく

などの情報も!

ということで、

だんだん気になり始め、自分でも情報を調べてみて、
やはり効果的であるという確信を得たという流れです。


デュピクセント治療決意までのアトピー治療


18歳の時、脱ステを開始し、そこから現在までの約10年間、私は主に漢方薬(煎じ薬)で治療をしています。
もちろん、漢方薬以外にも、食事制限や無添加生活などの努力は最最大限しています。
飲み物は水だけ。肉も乳製品も食べず。などなど、
こういうのが100個くらいあります。

漢方治療は、標準治療ではなく、民間療法にあたりますが、
10年の間に、何度も何度も、病院、薬局を変えました。

新幹線で数時間もかけて遠方の有名な薬局、病院に言ったことも1度や2度ではありません。

みてもらった病院は、

・高橋皮膚科
・峯クリニック
・鶴治療院 鶴薬局(松居一代さんの息子のアトピーが完治した所:先生は違う人)
・漢方緑川クリニック
・財団法人大阪漢方医学振興財団(あの名医である故・伊藤良先生にも2回ほど見ていただきました)
・江部医院(診療所?江部康二先生ではなく、江部洋一郎先生に見てもらいました)
・イワサキクリニック
・村田漢方薬局
・三宅漢方医院


上記はぜーんぶ漢方治療。

もう挙げるとキリがありません・・。

おそらく使ったお金は、文系私立大学を4年通えるくらいですw

📋脱ステ・漢方で有名なイワサキクリニックの治療体験談はこちら①~④



まさに、漢方薬局ジプシー。
この理由は、最初は効いていても、季節の変わり目などに悪化してしまい、薬の内容を変えてもらっても改善しない、
ということが多々あったからです。

よく漢方では、「長く飲まないと効かない」ということが言われていますが、全然そんなことはありません。
私の経験上、身体の証に合っていれば、すぐに効果を実感できます。

ただ、アトピーという病気の性質上、
良い、悪いを繰り返すというのがあり、なかなか安定、完治はしませんでした。

そんなこんなで、たどり着いたのが今の薬局(地方の普通の漢方薬局)です。

のらりくらりと2年くらい、漢方(煎じ薬)を飲んでいるわけですが、
お陰様で、はたから見ればアトピーとはわからないくらいにはなりました。

しかし、やはりどうしても季節の変わり目などに悪化してしまうことがある。
行くところまでは行くけど、あと10%、20%がどうしても改善しないって感じです。

そこで、意を決してデュピクセントを受けようと思ったのです。





いざ、デュピクセント治療へ!

デュピクセントを受ける流れとしては、大別して以下2通りあります。

1)皮膚科で紹介状を書いてもう→大学病院など大きい病院でデュピクセントを打つ
2)個人病院の皮膚科でデュピクセントを打つ

私の場合は1のケースでした。

まずは、数ヶ月前にちょうど発売された、
アトピー性皮膚炎の新薬コレクチム軟膏↓





これを処方してもらうために、
発売直後に皮膚科に行った履歴があるので、
そこの皮膚科に電話しました。


この場合、紹介状だけ書いてもらうだけでOKで、
料金が1200円ほどかかりました。

それをもって後日、指定の総合病院へ行って下さいとのこと。

ちなみに、デュピクセントが受けられる病院一覧は以下です。

📋生物学的製剤治療承認されてる病院一覧

上記に該当する病院へ紹介状を書いてもらえばOKです。


そして、これもちょっとしたテクニックですが、

私は、3日前から普段飲んでいる漢方薬も中止し、
スキンケアも一切しませんでした。

理由は、少しでも悪い状態をみせつけるため。
少しでもデュピクセントを受ける可能性を上げるため。以上2点です。


そして、当日。

総合病院の皮膚科に行きました。
まず、診療室で、先生からいくつか質問されました。

・いつからアトピー性皮膚炎?
・使っていたステロイドのランクは?
・自分の中での標準治療(ステロイド)の満足度は?
・飲み薬も飲んでいるのか?
・免疫抑制剤(ネオーラル)や光線治療の有無は?
・どのへんに症状がでているのか?
・今すぐにデュピクセント治療を希望するのか?
・夜はかゆみで眠れないか?

などなど、上記をザックリと聞かれました。

ここまでは予習通りの展開です。

デュピクセントを受けるための条件として、

・重症であること
・中程度でもステロイド治療でコントロールが難しい場合
・治療費が高額であること
・一定期間(6ヶ月)ガイドラインに沿った標準治療をしても改善が見れれないこと

以上がありますが、

質問の後、先生から言われたのは、

「あなたはそんなに重症には見えないから、デュピクセント受ける対象ではないかも」と。。

この衝撃的な言葉でした・・・。

せっかく紹介状まで書いてもらったのに、
せっかくここまで来たのに。。。

しかし、それも想定内w

食い下がらない、食い下がれない私は、
それから先生とは一切目線を合わせず、負のオーラを解き放ちながら、
以下のことを伝えました。

・一刻も早くデュピクセントを受けたいこと
・周りから見れば重症には見えなくても本人の中では重症中の重症であること(世でいう美肌を目指してる)
・QOLをあげたいこと
・幼少期から今までずっとストロングクラスのステロイドを塗り続けても一向によくならないこと(嘘ですw脱ステ漢方治療をしていますww)


すると、しだいに先生の顔色が変わっていきました。

私の迫真の演技が功を奏したのか、

最終的には、

「一応、今日、採血検査とレントゲン写真をとって、適応するかを調べましょう」

という返事をもらいました。

ただし、

・今日は注射は打てないこと
(在庫がないらしいw地方なのでないのか?ワイがこの病院ではデュピクセント初かも)

・2週間は、標準治療(いわゆるステロイド塗り薬)をさせてほしいこと
→過去に使ったことがあるストロングよりも、強い効き目がある、ベリーストロングクラスのステロイドを使いたいとのこと。絶対使いませんww

以上のことも告げられました。

ただ、それでも納得いかない表情をしていた私。。

2週間はいくらなんでも長いんじゃないか?

そう伝えました。

大人気なく、例のオーラを解き放ち、駄々をこねました。

その結果、最最終的には、

「デュピクセントを使うなと言ってるわけではない。使う方向ではいきたいと思っている。じゃあ1週間くらい様子みましょう」

この一言をもらえることに成功しました。

以上の会話からわかったことは、
結局は、先生の判断だということです。

だから、以下のようなツイートがあるのでしょう。



そのあと、まずは服を脱ぎ、顔、背中、腕、膝裏、首など、
身体の症状がでている部分を中心に写真を撮られました。

先生は、

「ああ、たしかに炎症はでているね~」と。

これは、漢方を3日前から抜いてスキンケアも3日前から一切しなかった甲斐があったw




次に、採血。




アトピーあるあるだと思いますが、
針をさす血管がなかなか見当たらないww

四苦八苦しながら看護師さんに採血されました。
(結構な量とられました。針が刺さっている時間も長いw)

注射中は、ずっと顔をうつむかせて、しかめっ面かましてました。


(写真を見てわかる通り、お肌荒れてます。粉吹いてます。上記の通り、あえて一切スキンケアをせず、肌を荒らした状態で行きましたwそして、ガリガリに痩せてる腕細いなーwこれもアトピーあるある。痩せてる人が多い)

📋体重40kg代!細い・顔デカ・ガリガリで太れないもやし男の悩み



次に、レントゲンへGO。

レントゲン室部屋に入ると、若い看護師さんに、
薄手のシャツを着た状態で上半身だけスキャンされました。



最後に、お会計へ。

総合病院なので、とにかく待ち時間が長い・・。

なんと、支払い金額は8000円くらいでした!!!!!



高すぎですねw

その後、院外薬局で、
「マイザー」というベリーストロングのステロイドと、
「ヒルロイドクリーム」という保湿剤を処方されました。

薬代は、2点あわせて1000円でした。

医療費がほんと馬鹿になりませんね・・・。

検査結果は来週にわかるとのこと。

とにかく、

ベリーストロングのステロイドなんて誰が使うか!!
って感じですw絶対に使いませんww

よって、何も塗らずに、また来週、病院へ行く予定ですw
もちろん、3日前くらいから漢方薬も一切やめて、肌を荒らした状態で再トライしてきます。

断られたら、たぶん返金要求しますww
そのくらいの勢いで戦います!www

なんのためにいったかわからないですしねw
では、またこのブログにて報告します。

まだデュピクセント治療を受けられるか不明ですが、
デュピクセントを希望する軽症患者にとって、重要なことを最後に、もう一度まとめておきます。


〈軽症脱ステアトピーでもデュピクセントを受ける確率を高める工夫〉
①初回は、できるだけ悪い状態で行く。
→私の場合は漢方を3日前から中止。スキンケアも一切しない。あえて悪化させて行った。

②悲壮感満載で行く。
→もう死にそうなくらいの負のオーラを解き放つ。とにかく今の治療では限界だと伝える。

③最後は交渉
→結局、最終的に判断するのは医者です。よって、あとは交渉術次第かなと。
私の場合は、先生の言いなりにならなかった。これが一筋の希望をもたらしてくれた。


ツイッターでもアトピーや美容に関する情報を流しているので、
フォローよろしくお願いします。

質問があれば遠慮なくコメントしてくださいね!
答えられる限り、返事は返します。

また、経験者さんの補足情報や感想などもいただけると助かります。

では、続報をお楽しみに☆アーメン





【追記】
私達と同じくアトピーで苦しんでいる人にもこの薬の存在を知ってほしいです。
また、軽症・脱ステ中だからとデュピクセントを諦める方もいらっしゃいます。
ぜひ、そのような方のためにも、この記事がためになればと思い、私の一番見せたくないコンプレックスをさらけ出して書かせていただきました。
記事の共有・拡散をどうかよろしくお願いします。




┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

☆この記事の著者プロフィール☆


三十路/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
YouTubeは、お陰様で100万突破しました!拙者に興味ある方しか登録しないでください⚠

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、希少性の高い情報をお届けしています。私にご興味ある方しか登録しないでください。