☆感謝☆

コールセンターアルバイト体験談13~通信系大手子会社で新人初研修~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸を高鳴らせながら、研修当日までの期間を過ごした私。

そう、今日は待ちに待った研修初日。
念のため、新たな掛け持ち先のコールセンターB(通信会社)のバイト概要は以下です。

 
〈コールセンターB〉
・研修の日程が13時から21時という長時間
・週休2日
・最低週4回以上は出勤

以上の条件により、以前から勤務しているコールセンターA(クレジットカード会社)のシフトは激減。そっちの方は、時給も低いので、SVにお願いして基本平日は午前中のみ、といったシフトに変更してもらいました。

_____________________________

*前回までの内容は以下から
📎テレオペレーターの仕事が辛過ぎる?20代・大卒コミュ障が体験したリアルな職場体験エピソードまとめ連載

 

 

さて、いよいよ研修について綴っていきます。

待ち合わせ場所は、駅周辺にあるホテルの入口。
集合時間は12時。

私が到着したのは12時20分頃。
お決まりの遅刻(笑)

そう。実は、私は遅刻魔なのです。
これが原因で解雇されたバイトもありましたね~ww
(📎りらくるでアルバイトしてみた結果wwwもみほぐしのお仕事連載

 
以前からの勤務先であるコールセンターAの方でも、遅刻の常習犯。
そうなってしまうと、やはり先輩社員からは良い顔はされません。

(今回は気をつけよう!)

いざ意気込んではみたものの、そんな簡単にはいきませんでした(笑)

(所詮、バイトだ・・・)

そんな気持ちが私の心の片隅にはあったのです。

(まあ、あの松井秀喜さんだって、遅刻の常習犯だったっていうじゃないですかー♫)

 

そんなことは、どうでもいい。
とりあえず、遅刻の電話を入れる。

派遣会社の社員
「はい」


「あっ、あの~・・。俺と申しますがー、あのー、場所がわからなくてですねー・・。」

そういうと、特に怒られるわけでもなく、道の案内をされました。

(ふう・・。助かった。)

待ち合わせ場所に行くと、メガネにおちょこヒゲをはやした30中盤くらいのおっさんが1人立っていました。


「あ、こんにちは。俺と申します。すみません、遅れまして。」

ヒゲメガネ
「ああ、じゃあ皆もう行ってるんで、ここにサインと印鑑だけもらえますか。」

そう言って差し出された用紙(契約書?)に記入。

ヒゲメガネ
「じゃあ、勤務先はここから10分ほど歩いたここの場所になりますので、今から向かって下さい。」


「わかりました。」

 

住所をメモして、急ぎ足で勤務先に向かう。

そして、迷うw

そこらへんの人に道を聞きながら、ようやく辿り着く。

(ワオ!結構大きなビルじゃないか!!)

そう、ここの会社。実は大手通信企業の子会社だったのです。
そのため、ビルもしっかりしてて、自社ビルの他に研修用のビルも持っているようです。

今到着したのは、研修用のビルということになります。

 

玄関先には、すでに私の同僚と思われる若者たちがいっぱい溜まりこんでいました。

(みんな若いな~。学生が多いな~。おっ!かわいい子もいるじゃん!!)

そんなことを思いながら、遅刻して登場したので若干の注目も集めながら、そわそわとその集団に混じりこんでいきました。

すると、さっきのヒゲメガネが出現。

「では、今から研修室の方へ行きまーす!」

そういって、研修室に誘導されていきました。

 

同僚の数はざっと見積もって20人くらい。

「出会い」を期待するには、もってこいの人数。
しかも、女性比率が多い。

(キターーーーー!!\(^o^)/)

完全にウキウキ気分で研修室に向かっていきました。

つづく・・

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。