☆感謝☆

ミスチルやっぱすげえわって話【関ジャム感想&いい曲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mr.Children

俺が毎回のように決まって見る「関ジャム 完全燃show」っていうTV番組。

そこで昨日特集されてたのが、ミスター・チルドレン。

 

中学生の頃、ミスチル大好きな友達がいて、
その子にCD借りて毎日のように聴きまくってたんだよなー。

朝の目覚ましもミスチル。

夜寝る前もミスチル。

毎週のカラオケでもミスチル。(カラオケは学校の校則違反だったがw)

こんな勢いで、俺の中学時代は、ミスチル=ヘビーローテション。

当時俺のベッドの横に置いていたCDコンポのあだ名を「ミスチル君」にしたいくらいだった。

仲の良い友達も、学校で顔を会わせるたびに、

「シーーソーーーゲエエームッ♪」

ってノリノリで歌ってくる始末wwww

それくらいミスチルに影響された思春期だった。

 

ただ、それ以降ミスチルに対する関心は徐々に薄れていく。

その理由はたった1つ。

あまりにもメジャー過ぎるから。

 

メジャー過ぎて、みんなが聴くから、いつしか俺はそれが嫌になった。

そう、それは、どこか女選びと似ている。

美人は美人でも、上の上レベルともなると、どこか敬遠しちゃうのが男の性。

それからというものの、中学の頃のように、ミスチルを聴くことはめったになくなった。

 

しかし、やはり良いものは良い。

しばらく経ったら、やはりミスチルが恋しくなる。

ミスチルがTVに登場すると、なぜか聴き入ってしまう。

ミスチルの曲がラジオで流れると、なぜか心の中がワアッってなる。

そう、俺の敏感な耳がミスチルエネルギーに強く反応を示すのである。
まるで好きな女子が現れた途端に顔を赤らめる坊やのように。

 
どこかでミスチルが流れてくると、俺はもう「坊や」にならざるを得なかった。

 

さて、昨日の「関ジャム 完全燃show」を見て、さらにミスチルの凄さを思い知った。

ボーカル・桜井和寿。

なんとも縁起の良い名前だ。

彼の才能は言うまでもなく素晴らしいし、才能だけではなく、作品に対してすごく考えている男なんだなって思った。

 

Mr.Children=ミスター×チルドレン

大人の男性×子ども

そんな対比をグループ名にぶっ込んでくるセンスの良さ。

アーティストにとって命とも言える喉を、壊さんばかりに使いまくるあの熱量。そして技術。

 

おまけに、プロデューサー小林武史との化学反応。
これが起こると、何か得体の知れない化学物質が生成される。
それは、分析不可能だ。
唯一わかるのは、人間を惹きつける魔法のような性質があるということ。

 

それから、

歌詞の構成

転調

サブリミナル

声量の調整

歌い方

表現力

ありふれたテーマでさえも、違うものに魅せてしまう力。

どれをとっても、その能力は天下一品の王様。

やはり、極上の美人はどこまでいっても俺たちを引き込ませてくれるのだろう・・。

_______________________________________________
【メモ】Mr.Children俺のベストセレクト

・ランニングハイ(なんかテンション上がる曲)
・口笛(しんみりした時に聞きたい曲)
・エソラ(なんかテンション上がる)
・NOT FOUND(友達がカラオケで歌ってて、すごく良い曲って思った。特に途中から曲調が変わるところ)
・箒星(高校入学時に、よくCMで流れていた思い出ソング)
・Sign(中学校の文化祭で流れていた思い出ソング)
・Everything(イントロの歌詞が神過ぎる曲)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。

最近の投稿