☆感謝☆YouTube登録者数3,000人ありがとうございます!ブログの中身はもっとおもしろいです!w

陰口・悪口への心構え名言が神!レペゼン地球DJ社長の起業・失敗・成功人生論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「悪口・陰口」

これに対する心構えとして、
今やYoutube登録者200万人を超えるトップユーチューバーのレペゼン地球・DJ社長さんが語っています。(※正しくは、ユーチューバーではない。その理由は動画後半でわかります。)

まずは、以下の動画を見てみてください。



レペゼン地球 ロングTシャツ


彼が語っているのは、

「悪口というのは、言われる人が主役」

ということ。

また、自分のことをドエムと自称し、
「そういう逆風があったからこそ、エネルギーが湧く」

と、ユーモアも交えながら、サラッととてつもなく偉大なことを言っています。

確かに、人間は悪口を言うことで

「共通の敵」

これを作る習性があります。

例えば、会社のA先輩の陰口をB君とC君が言う。

これによって、B君とC君の結束が高まる

ということはよくあります。

また、人間的なステージが低い場合、

相手をけなすことで自分を優位にしようとします。

私自身もそういう時期がありました。

ただ、これは、最も簡単な手段でありながら、
自分自身にとって、何かプラスになることがあるのかと言われれば、

全くもってありません!!!

さらに、今から「悪口の大原則」

そんな話をしていきます。

この話は、簡単にいうと、

「誰かの悪口を自分に言ってくる人がれば、そのひとは必ず自分の悪口を言っている」

ということです。

私自身の経験上からも、
そういう人を絶対に信用してはいけません。

ほぼ100%の確率でこの原則が成立します。

よって、基本的に人の悪口を言うことはNGだと、私は考えます。

しかし、

しかし、

悪口を言っていい場ケースが1つだけあります。

それは、「面と向かって直接相手に言う場合」です。

この場合、相手に悪口を言うことで、

相手がその後、プラスに成長していく可能性があるからです。

悪口=欠点でもあり、
欠点=直せば未来は明るい。

これが持論です。

まとめます。

①悪口(嫉妬や妬み)を言われたら、相手にしない。
→悪口を言う人VS言われる人は土俵が違う。

②人の陰口は言わない。
ただし、相手に面と向かって言う時は言ってもOK。
言い方には気を付けましょう。

こんな感じです。

いや、レペゼン地球-DJ社長-かっこいい。

彼の名前は2年前くらいからyoutubeで知っていたものの、
その見た目の派手さから、実は、今まで見るのを嫌煙していたんです。

ただ、あるきっかけで上記の動画に辿りつき、
レペゼン地球-DJ社長-めっちゃめっちゃめっちゃめっちゃカッコいいやん!!!!

意外と真面目な人間やん!!!!

返し方上手い!!!

ってなりました。自分より年下なのに・・すごい。

はい、ただの食わず嫌いです(笑)

やっぱり人は見た目で判断してはいけません。。

動画でも語られているように、
彼は、パンピーでは味わえないような、
パンピーであれば、命も危ういような、

そんな死に物狂いの「大失敗」をたくさん経験してきている。

「失敗の数×失敗のレベル」

これが尋常じゃなく高い人だから、
好きなことで生きていく覚悟がるからこその「器のデカさ」なんだと思います。

DJ社長を見ていると、
悩んでいた自分の失敗がちゃっち過ぎて笑えてきますww

ありがとう、DJ社長。

今後も彼の活躍に期待しています。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。

最近の投稿