☆感謝☆YouTube登録者数3,000人ありがとうございます!ブログの中身はもっとおもしろいです!w

PayPayの営業マンは大変‥。しつこい営業が暴露したペイペイ裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「こんにちは-」

今、日本で話題のPayPay

ここの営業マンが、
ある日、突然やってきた!

そう、飛び込み営業だ。

もう5回くらい来たかな、違う人がwww
それくらい、ペイペイの営業マンはスッポンのようにしつこい。

あまりに勧誘がしつこいから、
もうわかったよと、PayPayの内容を聞いてみると、

「入金&決済手数料が無料」(期限付き)
「導入費無料、固定費無料」
「端末いらない」
「キャンペーン満載」
「ジャパンネット銀行なら翌日入金」
「アプリに加盟店マップが掲載される」
「ユーザー数1000万人突破」
「安全性は3D本人認証セキュアで確保」
「銀行口座とクレジットカードで連携」
「広告塔の芸能人が宮川大輔」笑

などなど、キャシュレスを導入するにあたっては、
なかなか面白いQRコード決済サービスだと思う。

【関連記事】
PayPay(ペイペイ)の評判!注意点や加盟店のメリット・デメリット等

使える店も多いよねー

ニッポン!ペイ!ペイ!ペイ!ペイッ!

まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いのペイペイさん。

大赤字なのに、なぜこれだけ躍進してるんだろうか?

その理由は、
運営会社の母体がヤフージャパン×ソフトバンクだからなんだってね。

https://president.jp/articles/-/29714

↑赤字の額が半端ないww

儲けの仕組みとしては、
ペイペイ自体に手数料収益がバッコーンというよりも、
paypayでかき集めたビックデータをもとに、母体がヤフーというネット最強集団の強みを生かして、今後色んなビジネスを展開していくそうだよ!

しかし、営業マンがさぞかしペーペーの兵隊で、
大変だろうなーと思って、
色々話していたのだが、

どうやら、基本的には「飛び込み営業」らしいw

しかも、アルバイトらしいwww

1件ごとの歩合なしw

時給は田舎アルバイターにしては高いほうかもしれないが、
営業にしては成果出したらもっと報酬がほしいところ。

この記事も参考に!
http://www.mynewsjapan.com/reports/2489

もう、びつくり仰天でしょ??この記事は特に!!!
この記事で触れられているのは、ペイペイの正社員のことのようだ。

ただし、アルバイトスタッフが多いようで、
だから、質の低い営業も入ってきやすいし、不正も起きやすいだろうな。
以下の記事も、paypay営業マンの不祥事について触れてるし、

会社の評判をもっと考慮すべきだと思うが。。。

ちょっくり調べてみたら、出るわ出るわ不祥事の数々・・・

給料事情に関しては、
ランキング制でインセンティブはもらえるみたいだけど、
その額も、もらえたとしても、
月に樋口一葉さん1人、全国トップの成績で福沢諭吉さん5人とか10人程度なんだとさ。

あっ、そうそう、その営業マンは、PayPayから業務委託を受けている会社のスタッフだと言ってたな。
名刺もいただいたたけど、ちゃんと下のほうに業務委託会社の情報が載ってたよ。
いわゆる代理店営業だ。

話は戻って、飛び込み営業。

これは、PayPayだからこそできる手法なのかもしれないね。
ただ、場合によってはもちろんテレアポもすると言っていた。
やっぱり、大規模な法人になると、いくらペイペイといえども、
飛び込みで成約というふうにすぐにはならないだろうからね。

PayPay、実は私もユーザー側としてよく使っていて、
「キャッシュレス消費者還元事業」も始まる。

この事業は、国の経済産業省が管轄なわけだが、
どういう事業かというと、

①キャッシュレスを導入してる
②経産省の認可を受けた決済サービスを利用している(←paypayなどもココに該当)
③事業の対象店舗
(業種や会社規模によって対象外のものがある。例えば、四輪自動車の販売業など)

以上3つの条件が前提で、
申請をあげて審査が通れば、かなりのメリットがあるとういうものだ。

具体的には、ペイペイの場合、

①まず、国から最大5%の還元。
(フランチャイズは2%とか種別によって異なる)

②次に、ペイペイからプラス5%還元。

合計10%の還元を消費者が受けられるわけだ!

これはすごいことなのだね。

ちなみに、ペイペイ加盟店でも、キャッシュレス還元事業に認定されてないお店は、
還元率が1,5%という非常に低い数字になっちゃうから注意だね!

以下、もらったパンフレット。

やっぱり国のほうでも、
消費税増税により予測される消費の減少のための対策をしているわけだよね。

ちなみに、期間は2019年10月1日~2020年の6月末まで。
この期間ずっと国から5%還元って、ありがたいよねー。

キャッシュレス還元事業の対象になった店舗は、
国から、ポスターが送られてくるんだって。

あと、こういうネット上のマップにもリストで掲載されるようになる。

https://content.zaim.net/cashless

こういうやつねw

実店舗を経営してるなら、集客効果も見込めるし、やらないと損だよね、いろんな意味で。

と思ったら、2019年10月5日の感謝デー(20%還元)で、トラブル発生www
ここぞとばかりに意表ついてきますなペイペイさん・・・

こういうマイナス要因をどうか改善してくれーー٩( ”ω” )و」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。