☆感謝☆

次の経済バブルはいつ来る?予想確率98%!ある説が有能と言われる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「バブル」といえば、僕たち若者にとっては馴染みのない言葉かもしれない。
バブルとは、景気が異常に良い状態。これを意味する。

通常、私のような20代は、「ゆとり世代」と言われたりする。
その一方で、今の40代、50代あたりの年齢層は、「バブル世代」とも言われる。
つまり後者は、バブルの恩恵をモロに受けていた人たちである。

最近では、「悟り世代」という新たな呼び名も誕生してきた。
バブル時代のように多くを望まない。車にも興味がない。恋愛にも興味がない。。
目指すは「質素倹約」。こんな若者が増えているという。
その理由は、偏に「バブル崩壊」世代であるからだ。そうなるのも無理はない。

●関連記事
📎【総資産3億】あの桐谷広人さんが暴露!誰でもできる最新投資手法&利回り基準!2018年の注目銘柄・株の買い時について

バブル。
それを私も一度でいいから経験してみたい。
1990年代後半の「ITバブル」、2012年の「アベノミクス」などなど・・
バブルと一口に言っても色んな種類のバブルがある。
そして、その中でも、一番のバブルは、「1986年から1992年」までの時代であろう。
この時代がいかにすごい時代だったか、以下箇条書きでまとめていく。

・日経平均株価は3万円超
・就職活動の交通費支給は当たり前
・就活で内定をもらったら海外旅行プレゼント
・内定式を海外で行うこともザラ
・タクシーの運転手の月収が100万円
・タクシー捕まえても、目的地までの距離が短かったら乗せてもらえない。
・ボーナスは年4回以上
・地方公務員=負け組

(関連記事:https://matome.naver.jp/odai/2135422278848132301)

こんな時代が本当にあったのか!!びっくり仰天してしまう(゚д゚)!

やはり、バブルとは魅力的だ。
そんなバブルだが、実はある周期と関係があるらしい。
それが、太陽の黒点周期説である。

まずは、以下のグラフをみてほしい。

これを見てもらえば、わかる通り、バブルは繰り返される。
そして、そのサイクルは、なんと太陽の黒点周期とリンクしているのである。

これは偶然なのか?
いや、その答えは正直わからない。
しかし、こんな説がある。
太陽の黒点の数が増えることで、地球が太陽のエネルギーをより多く受けることになる。
そのエネルギーによって、水と大気の循環も活発になり、ひいては人間の経済活動にも影響を与えるという説である。

太陽活動と景気循環の関係

詳しくは上記のサイトをみて欲しいのだが、
つまりは、「バブルの周期は必然である」ということだ。

ということは、次のバブルがいつ訪れるのか?
この答えは、あくまでも予測だが、2025年あたりといえる。
2020年には、東京オリンピックも開催される。
この一致は、もはや必然としか言いようがない。

2025年にバブルが絶頂期になると仮定するならば、
我々は一体何の準備をしておくことが望ましいのか?

ある経済学評論家はこう答える。
---「2025年に向けてバブルになっていくので、2020年に東京オリンピックをきっかけに、海外から日本にたくさんの外国人観光客やビジネスマンがくるようになるので、そのあたりから投資で不動産を買っておくとよいでしょう。2025年にバブルが訪れる確率は98%です。」

え!!!(゚д゚)!!!!

きゅ、、98%?

それにしても、すごい高い確率じゃないか。

ちなみに、これを主張したのが門倉貴史さんという方だ。
そう、明石家さんまが司会を務める「ホンマでっかテレビ」に出演し、一躍世の脚光を浴びたイケメンである。
もし、彼の言うことが正しければ、あと8年で待ちに待ったバブルが来る。
そんな期待を込めながら、今回はこのへんで終わりにしよう。つづく・・

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿