☆感謝☆

パラレルワールドラブストーリーの感想&評価!結末が謎で女の評価が・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月2日、日曜日、

今話題の映画「パラレルワールドラブストーリー」を見てきた。

一緒に見に行ったお相手は、つい先日、街で声かけて仲良くなった年上の女性。
お目々がぱっちり大きくて、色白で細身、背丈は155くらいだろうか。
年齢はたぶん30代後半。

まさに、ワイの好みのタイプなのであった。

そんな女性と2人きりで映画。

単純にワイが「行きてい」と言ったから。

なぜ、パラレルワールドラブストーリーかって?

映画館のホールでは、

・ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
・キングダム
・コンフィデンスマンJP
・貞子
・名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)

などなど、今放映中の映画が宣伝されていた。

レディースファースト

この信念のもと、まずは彼女に聞く。

俺:「何系がすきー?」

女:「んー、激しい系はあまり・・」

俺:「どれみたい?」

彼女:「んーー。。。」

とか、そんな会話をしながら、

女の好みに合いそうなものを絞り出した結果、

キングダム、コンフィデンスマン、パラレルワールドラブストーリー

この3つまで絞りきれた。

こうやって、選択肢を与えると女性は決めやすい。

最終的に彼女が選んだのが、
玉森裕太くん吉岡里帆が主演の、
パラレルワールドラブストーリーだった。

では、さっそく見終わった感想から書こう。

結論、全然おもしろくなかったwwwwwwwww

このブログにたどり着いた人へ。

男女2人で見る映画ではないw

ラブストーリーという言葉に翻弄されてはいけない。

ただ、ミステリアスが好きなカップルならおすすめかもしれない。

んーー、、内容は、ネタバレになちゃうけど、

脳みその記憶を書き換えるとか、書き換えないとか、

ちょっと非現実的なストーリー。

ラブストーリーってタイトルになってはいるが、

んーー、、、

ラブ要素はあったのはあったが、

それよりも、謎。ミステリアス。映画の後に解説が必要。
そのくらいのレベル。

結末も、なんか後味スッキリしない終わり方。

東野圭吾が原作らしいから、
どちらかというと、サスペンス系なのかな。

映画を見終わった後に女さんに感想を聞いたけど、
放心状態だったwww

途中でちょっとホラーチックな場面や攻撃的なシーンがあったからなのかもしれないが、
決して、女さんにとっては満足とはいえなさそうな感じをワイは察知した。

とはいっても、
崇史(玉森裕太)と麻由子( 吉岡里帆)のラブシーンは見ものだったし、
智彦(染谷将太)の不気味さというか、キモ可愛さというか、
そういうのはいい味出してんなーと思わずにはいられなかった。

つくづく染谷将太さんは二枚目のイケメンって感じではないけど、
演技力があるよい俳優だなと。彼の演技は、初見だったけれども。

とにかく、考えさせられると言うか、
自分までパラレルワールドに引き込まれそうになりそうっていうか、
頭がパニックになりそうな映画だった。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。