☆感謝☆

コールセンターアルバイト体験談6(研修)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先輩の業務を見学し、軽くカルチャーショックを受けた私。

(コールセンターの仕事って思っていたより、難しそうだな。)

こう思いました。

ここは何の仕事にも当てはまりますが、はじめはわからなくて当たり前。できなくて当たり前。
だから、わからないことは、先輩にどんどん聞いて良い意味で慣れていかないといけない。

そんな気持ちでした。
 
____________________________________________________

※この記事とあわせて、以下の記事もご覧いただくと、より参考になるでしょう。

📎20代男、コミュ障ニート。決死の覚悟で格闘したコールセンターアルバイト体験談1~17まとめ
(新しいウィンドウで開きます)

____________________________________________________

 
 

そして、研修が続いていきます。

次にやったことは、PC研修です。

これは、PCにプログラムされた資料を各自で読み込み、その後チェックテストを受けるというもの。
書かれている内容は法律(クレジットカード会社なので個人情報に関することなど)や過去の事例など(情報流出など)が中心。
けっこう難しいものが多かったですが、基本資料を読み込んで問題に答えていくだけなので、そんなに難しいものではありません。

ただ、資料の量が結構多くて読むのが大変でしたね。
 

まあ、そうはいってもこのへんのPC作業は、適当に流してやっておけば十分でした。

(大変なのは、やはり実際のコール業務だろう。)

そんなことを思いながら、「SV」と言われる熟女の指示通りに単純作業を進めていきました。

ちなみに、このSVというワード。
コールセンターでは結構使われる言葉だと思います。
別名、スーパーバイサー、管理者と言われてたりします。
簡単にいうと、SVとは、コールスタッフの管理を行う責任者にあたる役職です。

 

とりあえず新人の中では一番乗りでPC研修を終えた私。

「もう全部終わりましたー」

ここぞとばかりにドヤ顔しながらSVに言いに行きました。

「はい、俺さん。じゃあ、これ読んどいて。」

SV熟女から渡された分厚いファイル。

(おええーーー、こんな分厚いファイルかよおおおお!!!すげえ量だなしかし・・)

さっきのドヤ顔から一転、目の前の資料の多さに若干気持ちが萎えてしまいました。

(続く・・・)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。