☆感謝☆

コールセンターアルバイト体験談10~「掛け持ち」を決意~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重大なミスを犯してしまった私。

失敗してしまったことに凹む

というよりは、

早くお客さんと電話したいんだよーーー

という気持ちが強くて、それが悔しかったのです。

 

ここで、もう一度「原点」に戻ります。

「なぜ、コールセンターのバイトなのか?」

その理由は、コミュニケーション能力の向上。

これだけでした。

 

つまり、お客さんと電話できないことは、テレオペのアルバイトをする目的を満たさないのです。

通常であれば、ここで踏ん張るのでしょうが、
条件も条件。

ミスしてから、どれだけ研修させられるねん!という思い。
(休みを挟んで2週間くらい再研修が続いている。同僚の他の新人3人は、普通にコール業務をしている。)

 
時給1,000円。交通費なし。(勤務先は、家から車で30分以上かかる場所にある)

職場の人間関係もあまり良くない。
(といっても、私は度重なる欠勤や遅刻をしていたため、周りの先輩から白い目で見られていた。笑)

おばさんたちはおばさんたちで、陰口を叩き合っている。
(つまり、職場の雰囲気もあまり良くない)

これが結構ききました。

(ちなみに、この会社。あとでわかたことなのですが、ネットで会社名を検索すると「ブラック」というキーワードが出てきました。笑)

 

(ん~、、なんかコスパ悪いかも。。。)

 
こう思った私は、あることを思いつきます。

 
「そうだ!別のコールセンター会社を受けてみよう!」

ただし、これはあくまでも「比較」をするため。

だから、はじめは「二股」という名の「掛け持ち」という形をとろう!
そして、今より条件がいいところを探そう!
(具体的には、ミスに関わらず業務を継続的に行える。+時給UP、交通費支給)

こうして私は、ついに「浮気」を決心したのです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。