☆感謝☆

ビジネスベルト選びに四苦八苦!選び方のポイントや種類等解説[外見を磨く小物アイテム]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「よし!良いベルトを買おう!」

そう思いたったのは、つい最近。
仕事柄、他人と会う機会が多いのでやはりそれなりに外見にも気を遣わないといけない。

しかし、そういうのは楽しい。
もともとファッションは好きだったので、外見を整えることで気分が上がるし、
他人からの見る目も変わる。
こういう経験をしてきているのもあり、見てくれには人一倍力を入れてきた。

ただ、そんな僕でも、ベルトはあまり良いものを買ったことがなく、
そこまで気にしていなかったのだ。

それは、ワイシャツの丈が短めなものを好んで買って来ていたので、
ベルトが外からは見えない状況だったからだ。

そんなある日、ビジネス用のワイシャツ。
つまり、着丈が長めのボタンダウンシャツを購入したら、その魅力にはまってしまった。
まず、形状安定性。そして、サイズ感。
これが以前好んできていたワイシャツよりも良く、自分には合っていたのだ。

それからというもの、着丈が長い、かつ襟高のボタンダウンシャツをよく購入するようになり、
それだとどうしてもワイシャツをズボンにINしないといけない。
だから、ベルトが必要になったというわけだ。

まあ、色々リサーチをかけた。
ビジネスマンには、以下の条件のベルトが良いらしい。

・柄がなく、シンプル。
・穴は5つ。(真ん中の穴に通す)
・本革
・ベルトの色と靴の色は同色。
・幅は3cm以下が望ましい。(太すぎるとカジュアルな印象になる。)

このへんをおさえておけばいいらしい。
とりあえず、上記にあてはまるベルトをネット上で色々探す。
モノを買う時は、だいたいこの手順。

1・まず、リサーチ。そして、2・その情報をもとに、ウィンドウショッピング。

オークション系統も探してみたが、
なかなかいいのがないね。

牛革って謳ってても、詳しく見ると、たいてい、表だけで裏側の素材は合成皮革だったりする。
そういう、せこいやり方っていうか、ずる賢いっていうか、「牛革」を全面的にPRしていながら、
実は・・・みたいなのは本当にめんどくさい。

また、バックルのサイズ調整のできるもの、できないもの。
サイズ調整の為に、ネジを回してバックルを明け、ベストを切ってにポンチで穴を空けるもの。
バックルをパカっと明けて、ベルト切断してはめればいいだけのもの。
色々ある。

ちなみに、今みているのは、栃木レザーっていうやつ。
これがお得感があって、外見もかっこいい。

Amazonでも色々調べてみたが、良いのがあっても幅が広かったりするんだよなー。
楽天も調べたけど、うーーんって感じ。

タケオキクチもかっこいいね。
あとは、コーチとかそのへんのブランドも良いと思った。値段は高いけど。

あっ、そうそう。
コードバンっていう馬革のベルトもなかなか良いみたい。
以前、財布を買う時に百貨店の店員にコードバンていうのを教えてもらったんだけど、
「馬の革」ってかっこいいよね。

世の中は、牛革で溢れてる・・。
もっと馬革を売り出していこーよ。
馬肉も美味いんだぞ!!w

まあ、このへんで今日は終わりとしよう。
外見にこだわると、お金がすぐにふっとんでいくんだよなーw
まっ、それだけの価値はあるんだけどね!!

アディオス☆

※追記
結局、コレを購入した。

●ベルト調節の方法

なかなか良い商品でしょ。(*^^*)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者のプロフィール



20代後半/男性/O型

俺による俺のためのブログ。
日記や思ったことなどを綴っています。
YouTubeでは、レビューや希少性の高い有益情報をお届けしています。ご興味ある方だけ登録お願いいたします。

最近の投稿